12月号「2014年 水族館ニュース」

今年も鳥羽水族館ではペンギンやアシカ、スナメリそしてカピバラと次々に赤ちゃんが誕生して人気者になりました。
一方で日本最高齢のラッコ「ポテト」やアフリカマナティの「はるか」が天国へ旅立つという悲しい出来事もありました。
そして、来年の鳥羽水族館創立60周年に向け、新ゾーンの着工工事もいよいよ開始。
今回は2014年の鳥羽水族館の出来事を振り返ります。